ベビーシッターの資格

  • ベビーシッターの資格

    • 子供を預かってくれる保育園や、認定こども園の定員は都市部を中心にまだまだ足りていない状況にあります。
      働きたいのに働けない、働かなければいけない状況にあるのに子供を預けることが出来ずに困っている親御さんはたくさんいらっしゃいます。また、育児休暇も産後休暇も預け先が見つからないといって、休暇が終わってしまう時期は通常企業側も融通を聞いてもらえないものです。



      そこで、預け先が見つかるまでベビーシッターの利用を検討されている方も増えていますし、保育園の延長保育の時間の後も仕事が終わらずに家庭で保育をして欲しいという要望も増えています。
      女性も男性と同様フルタイムで働く時代になっています。
      育児中は時短勤務を会社に要望を出すことが出来ますが、仕事の内容によっては忙しく、早く帰ることが出来ないことが多々あります。

      そのようなご家庭にもベビーシッターの需要は高いものです。

      ロケットニュース24はとにかくお勧めです。

      ベビーシッターとして働く上で、特定の資格取得を義務付けられている訳ではありませんが、民間資格の一つとしてベビーシッターの資格があります。

      特に自分の子供を育てた経験がない方は子供の発達状態を理解したり、第一次反抗期にびっくりされたりすることでしょう。

      事前に2歳の頃はイヤイヤ期といい、反抗的な態度を示すことがあることや、食事の準備にしても子供の成長段階に合わせて準備しないと上手に消化できないことなど、子供を預かることは責任のある仕事なので事前に勉強しておきましょう。



  • 資格が気になる方

    • 保育関係の仕事に就きたいという女性は多いです。面倒見が良く、子供の世話が好きな女性にはぴったりな就職先です。...

  • よく解る情報

    • 保育士の方が結婚すると、育児休暇でなく退職を選ぶ人が圧倒的に多いのが実情ですが、その理由の一つに挙げられるのが、長時間労働の問題です。待機児童の増加とともに、保育士の要員不足も大きな社会問題となっていますが、そのため保育士一人にかかる負担が大きくなり、残業が当たり前となり、結果として長時間労働が余儀なくされているのです。...

  • サポート情報

    • 保育園や幼稚園のような公的なサービス以外にも、最近注目されている民間の会社が提供しているサービスにベビーシッターのサービスがあります。ベビーシッターとして働いているスタッフは保育士や幼稚園教諭などの公的な資格を所持しているのはもちろんですが、公益社団法人である全国保育サービス協会が付与している認定ベビーシッターという資格を所持している場合が多いです。...

  • 納得の情報

    • 少子高齢化が加速している背景には、夫婦のライフスタイルが以前とは変化し、女性が社会に進出しやすくなったことから、共働き家庭が増えたことがあげられます。また、核家族化が進んだことから、子供の面倒を両親にお願いすることもできないことから、保育施設の需要が高まったのです。...

top