ベビーシッターの資格

  • ベビーシッターを職業として選ぶ人が多い理由

    • 保育士の方が結婚すると、育児休暇でなく退職を選ぶ人が圧倒的に多いのが実情ですが、その理由の一つに挙げられるのが、長時間労働の問題です。



      待機児童の増加とともに、保育士の要員不足も大きな社会問題となっていますが、そのため保育士一人にかかる負担が大きくなり、残業が当たり前となり、結果として長時間労働が余儀なくされているのです。

      goo ニュースの情報をあなたにご紹介いたします。

      つまり、保育士に復帰したくても労働条件が合わないため復帰できないのが実情なのです。
      こういった保育士の方が、転職先として選んでいるのがベビーシッターです。

      待機児童の問題も関係しているのですが、最近、短時間でも良いので子供を預かって欲しいと願っている人が増えているのです。ベビーシッターはこういった方のニーズに応える職業として需要が高まっており、保育士だった人からすれば、その経験を活かせる職業として注目されているのです。

      また、ベビーシッターとして働きやすい理由の一つに、国家資格を取得する必要がなく、公益社団法人全国保育サービス協会が主催する「ベビーシッター資格認定試験」に合格すれば仕事を始めることができるというハードルの低さもあげられます。特に保育士経験があれば、認定試験に合格することは難しくありませんから、保育士を退職した方には、非常にメリットのある職業なのです。



      今後、さらに待機児童が増えていくことが予測されますが、ベビーシッターが問題解決の一つの方策となることが期待されています。

top