ベビーシッターの資格

  • ベビーシッターを選ぶポイント

    • 保育園や幼稚園のような公的なサービス以外にも、最近注目されている民間の会社が提供しているサービスにベビーシッターのサービスがあります。
      ベビーシッターとして働いているスタッフは保育士や幼稚園教諭などの公的な資格を所持しているのはもちろんですが、公益社団法人である全国保育サービス協会が付与している認定ベビーシッターという資格を所持している場合が多いです。



      こちらの資格を取得しているスタッフはベビーシッターとしての基礎的な知識や技術があるので安心して依頼する事ができます。

      便利なYOMIURI ONLINE情報に精通したサイトです。

      このようにベビーシッターとして派遣されるシッターは研修を受けているのでほとんどの場合心配ないですが、ごく稀にシッターが保護者宅の備品を破損してしまう時もあります。

      大多数のシッターの派遣会社ではそのような場合に備えて損害賠償請求保険に加入しています。



      そのためシッターが保護者宅の備品を破損した場合にはシッターの派遣会社に通知すれば保険から補償してもらう事可能です。
      運営会社が保険に加入しているかどうかは、公式サイトなどで確認する事ができます。


      派遣される時間ですが、保育園や幼稚園などの公的なサービスと違い、土日祝日や日曜日でもサービスを提供しています。事前に相談しておけば夜中でもサービス提供が可能なシッターの会社もあります。
      その場合には早めに相談しておく必要です。サービス代金は割り増しとなるので、その点だけ十分な確認が必要になります。

top